So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
建物について ブログトップ

昔のカレンダー? [建物について]

突然ですが、「西向く士(にしむくさむらい)」という言葉をご存知ですか?

1年のうち、2月・4月・6月・9月・11月は、小の月(1ヶ月が28日あるいは30日)、

1月・3月・5月・7月・8月・10月・12月は、大の月(1ヶ月が31日)と言いますが、

西向く士(にしむくさむらい)とは小の月のことを指している言葉なのです。

11は漢字で「十一」、これを縦に書くと「士」=「さむらい」となりますね。

二(に)四(し)六(む)九(く)十一(さむらい)、というわけです。

さて、吉村家住宅には、月の大小を知るための円形の板が、長押に釘で打ち付けてあるのです。

 DSCN6494.JPG

板には行書体の文字が描かれているのですが、

角度によって「大」にも「小」にも見える文字なんです。

この円板を回転させることで、大の月か小の月かを示すわけですね。

来月は春の一般公開をおこないます(4月11日・12日)。

ご見学の際は、”昔のカレンダー”がどこにあるのか、ぜひ探してみてください!

 

 


建物について ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。